LINEによる転職相談を24時間365日、受付中です!お気軽にトークしましょう♪

履歴書の書き方を4つのポイントでマスターしよう!

履歴書 お役立ち情報

企業が履歴書の提出を求めるのはなぜでしょうか。

あなたの経歴を知るためだけではありません。
履歴書によって、あなたがどんな人物なのか知ろうとしているのです。

履歴書に有名な学校や企業の名が連ねてあっても、
乱雑な字で記入されていたらどうでしょう。
よい印象を持たれないのは言うまでもありません。

一字一字丁寧に記入し、履歴書の向こう側にいる担当者に
あなたの思いを届けましょう。

POINT 1 黒インクのペンを使用 鉛筆や消せるペン、修正テープの使用はNG

黒のボールペンや万年筆を使用します。一字でも間違えたら即書き直しです。

POINT 2 誤字・脱字の確認 略語を使用しない

誤字・脱字は厳禁です。不確かな字があれば必ず確認しましょう。
「同上」や「〃」などの略語はNGです。

 POINT 3 丁寧に書く

楷書体で記入します。
判読できないような字やくずした字ではなく、丁寧に時間をかけて
読みやすい字を書きましょう。

POINT 4 履歴書内の日付の西暦、元号(昭和・平成など)は統一する

年号早見表を参照してください。

① 日付

郵送の場合は投函日、持参の場合は持参日を記入します。

② 氏名・住所

氏名は、戸籍上の表記で記入します。
振り仮名は「ふりがな」と記載してある場合はひらがなで、
「フリガナ」と記載してある場合はカタカナで記入します。

住所は都道府県名から記入します。アパート名や部屋番号も
省略せず記入しましょう。

③ 電話・Eメール

自宅の電話、携帯電話番号、PCや携帯電話のメールアドレスを
記入します。応募先の人事担当者から電話がくることを考慮し、
留守番電話の応答メッセージにも配慮しましょう。
自宅に電話がない場合は空欄でOKです。

④ 写真

必ず3ヶ月以内に撮影した写真を貼付します。カラーでも白黒でも
構いませんが、スナップ写真はNGです。
万一写真が剥がれたときのために、写真の裏には氏名を記入します。
スーツでなければいけない、というわけではありませんが、
清潔感のあるきちんとした服装を心掛けるとともに、良い印象を
与えるような表情も大切です。

⑤ 学歴

最終学歴の1つ前から記入します。
中学校は卒業年月を、高校以上は入学と卒業年月を記入します。
専門学校・短大・大学は学部や学科名まで記入します。
「○○高校」ではなく「○○県立○○高等学校」等、正式名称で記入しましょう。
「同上」や「〃」などで省略せずに記入します。

⑥ 職歴

原則として、在籍したすべての会社の入社・退社年月を記入します。
(株)・(有)などと省略せず、「株式会社」・「有限会社」と記入します。

現在、在職中の場合は「現在に至る」、退職が決定している場合は
「○年○月退社予定」と記入します。

退職の理由を具体的に記入する必要はありません。
「一身上の都合により退社」でOKです。

ただし、会社の倒産などによる退職の場合は「会社都合により退社」
と記入します。
すべての記入が終わりましたら、右端に「以上」と記入します。

⑦ 免許・資格

公的な免許や資格を、取得した年月順に記入します。
省略せず、正式名称で記入しましょう。

⑧ 志望動機 特技・趣味

ここはあなたの熱意を伝えるチャンスです!
この会社にどんな魅力を感じるのか、この会社でどんな仕事がしたいのか、
これまでの経歴を生かしこの会社でこんなことができる、などなど。
あいまいな言葉ではなく具体的に表現しましょう。

「読書」や「音楽鑑賞」は履歴書に書ける趣味とは言えません。
なぜなら本を読んだり、音楽を聴くことが嫌いな人はあまりいないからです。
自己分析をしてみてください。無いようでいて、誰にも趣味の一つや二つ
あるものです。それを記入しましょう。

⑨ 本人希望記入欄

会社側へ伝えたい最低限の希望を記入します。
募集職種が複数ある場合は希望職種を、在職中で電話に応対できる時間が
限られているなら連絡可能な時間などです。